コヤナギユウ

裏表のないプロのイラストフォトライター

記事一覧(53)

少しだけ頑張った30日間、最後の日記 #30

「1ヶ月間毎日ブログを書いてみる」という試みに参加していた6月が今日で終わる。最後は何を書こうかなー。春チェコへ行った記事をここから始めようかしら。それとも反応が良い恋愛ネタが喜ばれるかしら。昨日書いた「フォロワーを金で買う」はまったく反応なかったのでやめとこう。いろいろ考えたけれど、「一日一投稿。」の締めくくりなら、なんかやっぱり日記が良い気がした。末日はいつもバタバタする。この頃、夜がめっきり弱くなり、失神同然で寝てしまうので仕事は朝やっている。そんなに仕事の数は多くないのだけれど、日中は出稼ぎに出ているので自分の机の前にいるのは貴重に感じてる。夜が弱くなったからといって、朝が強くなったわけではない。睡眠リズムに合わせて起こしてくれる目覚ましアプリを使っていても、二度寝は容易だ。次に目が覚めたときは着信音だった。寝起きのガラガラ声で電話をとる。はい。こちら東京簡易裁判所です。おお、どうも。訴状に不備があり訂正が必要だから説明のために電話した、とのこと。ええ、それはありがたい。でもそれ、今全部この電話でいおうとしてます? もしかして。ああ、そうでした、一昔前の「仕事」ってこんなかんじだった。いきなり掛かけてきた長電話で全用事を伝えてくるよね。一切の水分を取っていないからか、何度咳払いしても声がかすれている。訴状の控えならパソコンに入ってる。ただ我が家のデスク周りは携帯の電波が悪く、通話が出来ない。だけどとてもこの電話の内容を記憶できる気がしない。寝ぼけていることも手伝って、窓際と机の間を右往左往していたら、見えていないはずなのに様子を察したのか、実際に来てもらえないかと提案してきた。渡りに舟。日時くらいなら記憶できる。電話を切ってホッとして、時計を確認。やばい。もう出る時間だし、今日は末日。銀行行かなきゃ!投稿日が遅れたことはあったけど、30日。毎日ブログを続けられた。ブログを始めたばかりの頃はたくさん投稿していたけれど、あの頃はまだTwitterもなくて、短い「つぶやき」も1投稿にカウントされてた。だけど今回は、どれもそれなりに長く、「ブログ」然とした長さはあるだろう。わたしのブログにはスタイルがなく、誰が読むのかなって心がくじけそうになりながらも、同じく毎日ブログを書こうとしている人がいると思うと、わたしも失神同然寝てしまいたいところをグッとこらえることが出来た。あっという間じゃなかったし、結局慣れなかった。毎日毎日、頑張って書いた。わたしは筆が遅いのだなぁとしみじみとした。でもそれがわたしだから、覚えておこうと思った。このまま「一日一投稿」を続けてみようかなとも思った。適当で良いなら続けられるかもしれない。ムリクリ、なかば投げやりになることで書けたこともたくさんあって楽しかった。でもいったん、これで終わりにする。「毎日書く」って決めて書くのは、終わりにする。改めて感想まとめ記事書くかもしれないけど(こういうときはだいたい書かない)、こんな「誰得」な140w Overも読んでくれる人がいるって分かって良かった。途中から「これ、noteに書くべきじゃない?」と思いつつ、Amebaオウンドに書いてるチャラさがなんか良いじゃない。140w Overは全部スマホから書いてるんだけど、実はそれには理由がある。時間的に「書けない」って逃げ道を潰すことと、実はAmebaオウンドのログインID/PASSを忘れてしまったのだ。わたしはiPhoneで字を書くのめんどくさいので、実はパソコンから書こうと思った。でも、ログインできない。正確にいうと、仕事で作った別のアカウントと紐付いてしまって、この140w Overに入れないのだ。いまは、iPhoneのアプリから書いてるけど、いつかアップデートとかで、再度ID/PASSを求められたら終わりなのだ。この「一日一投稿」を書いてる間にそうなったらどうしよっかなーと思ってた。こうやって30日目が迎えられて良かった!

フォロワーを金で買う #29

TwitterやInstagramのフォロワーは金で買える、というのを聞いたことがあるだろう。業者からすでにフォロワーのついているアカウントを譲ってもらったり、お金を払って組織にフォローしてもらったり方法はいろいろあるらしい。コヤナギが生きてる業界はメディアと広告。実はこの業界、「マスゴミ」なんて揶揄されることが多いけれど、信頼関係で成り立っている狭い業界なため、ほとんどの人がそういったグレーなサービスを使用しないし、大きい仕事であればあるほどクリーンであることが求められるので、「フォロワーを金で買う」なんてことはまず行わないため、実はなじみがないのだ。(ヘイトプロモーションって言葉も最近知ったよ)それに、せっかく水増ししたフォロワー数がデフォルトアイコンばかりの架空だなんて空しくないだろうか。でも、お客さんの仕事で絶対に出来ないけど、「フォロワーを買うって、具体的にいくらなんだろう。そんな興味は漠然とあった。ある日何気なくInstagramをみていたら、広告が出てきた。みんなに秘密でフォロワーを増やしちゃおう/月額980円から!やっす!びっくりした。しかも明らかにコンシューマー向けだ。ロリポップ登場以来の衝撃を受けた。でも確かに、自己承認欲求を満たすのに980円なら、プリクラ2回撮るよりコスパ良いかもしれない。フォロワーの増やし方は、まずそのサービスと自分のアカウントと連携させ、独自のアルゴリズムで自動的にいいね&フォローを繰り返し、フォローバックを待つというもの。Instagramの世界には「付き合い良いね」があるらしい。これはそれを機械化したものといえるかもしれない。本人が実際には見てないだけで。……うーん。それだとやっぱり相手を欺いている気がして進まないなぁと思って画面を閉じた。だいぶ前のことだ。今日、わたしのブログにお問い合わせが来ていた。なんと先の業者さんからだった。内容は無料アカウントを発行するから、良かったら使って試して欲しい、というもの。(プロモーション会社じゃなくて直接来た)まじか。わたしは記事の関係性をはっきりと明記したい質だ。お金をもらって書くと約束したものは【AD/広告】だし、商品提供はあっても書くと約束していないものは【PR/プロモーション】だ。しっかり開示してやっていきたい。だから…「フォロワーを金で買ってみました!【PR】」って面白いんじゃない!?と心がざわめいた。でもシステム的にいいねを送られたユーザーの気持ちをないがしろにすることにはならないか⇒実行中はアカウントの自己紹介部分にも明記しては⇒定期で【PR】で利用中なことを投稿する……面白いんじゃないの!?自分内MTGが止まらない。どうしよう。面白い気がしてきちゃってる。どう思う?傷ついてしまう人いないかな!?写真はチェコの100コロナ紙幣のカレル4世。チェコへ行くなら彼の“フォロワー”になって名前だけでも覚えておくと、よく出てくるので旅が楽しくなるよ。

過払い金返還請求の裁判を自分でやってみるよ! #28

詳しいことは事が終わったら本家のブログにまとめようと思うけど、今日、過払い金返還請求のための訴訟を自分で起こすために、簡易裁判所に書類を集めて投函してきたよ。「過払い金請求」がなんなのかというと、払いすぎた利息を返してもらおう、というもの。これは法整備が定まったときに、それ以前の自由に金利が設定できた時代の払いすぎた利息を返してもらう権利があるのだ。 サラ金とか借金のイメージがよくないせいで、「払いすぎた利息」とはいえ、いろいろ面倒だし完済してるしで放っている人も多いのでは。コヤナギも、3年ほど前に引き直し計算はしてみたものの、なんかめんどくさくなって提出しなかった示談用の書類を、なんとなく気が向いて、先日投函してみたんだよね。金融会社に。どこまで書類を送っていいのかわからなくて、示談にする気がないなら告訴する用意があるよ、というつもりで訴状を入れておいたら、投函から約一週間後、金融会社から電話が掛かってきた。どうやら訴状は入れておく必要がなかったようだ。「これは裁判を起こした場合に送っていただくものですよ」「そうですか、では参考に送ってしまっただけのものなので破棄してください」「分かりました。また、コヤナギさんからいただいた計算書を元に、こちらでも計算をする必要があるため支払いまで一ヶ月ほどかかります。また、示談金は7割までしか払えません」「え? どうしてですか?」「そういう規則です」「理屈がよく分からないのですけど」「七割でご納得いただけない場合は告訴していただく必要があります。その場合も、告訴からこちらでも計算をし直すので一ヶ月かかります」「え? 示談でも告訴でも調べるんですよね? 同じく一ヶ月掛けて。しかも示談は7割で裁判は10割、と」「はい」「じゃあ告訴した方がいいってことではすね」「正直、コヤナギさんの場合は告訴状まで出来てますから裁判にしてしまった方がいいですよ」「なるほど、わかりました。やってみます」そんな流れだ。告訴状のひな形はネットにいっぱい落ちているけれど、原告被告、甲第一号書類、印紙、切手……慣れない言葉と知らないシステムを把握して揃えるのは大変だった。ただ、落ち着いて向き合えば出来ないことじゃない。本当は、初めての過払い金請求の引き直し計算するときに、弁護士さんに相談したんだ。あらかじめ、できる限り調べていったけど、合ってるか分からなくって。そしたら、「ここまで出来るならコヤナギさん自分で出来ますよ」とのこと。どうせ計算書出してもあってるかどうか向こうで調べるのだから、多少間違っていても気にしなくていい、と背中を押され、ゲームだと思って書類整理を頑張った。告訴相手の証明書を法務局でもらってきて、書類コンプリート!晴れて今日、簡易裁判所に書類を投函してきた。ちなみに、自分に過払い金があるかどうか見分けるポイントは2007年だ。だいたいこの年に利息が改められた。これより前に借入があれば、だいたい利息24%などなので戻ってくる可能性が高い。また、完済から10年で過払い金が失効するが、その後にも利用した取引があれば最終取引から10年と数える。だからいまは過払い金返還請求めんどくさーと思っているなら、100円でも取引して、失効を防いでおくのがいい。過払い金請求裁判はおよそ2ヶ月で終わるらしい。そのころには9月。お金が返ってくればもちろん嬉しいけれど、この際そんなに重要じゃない。弁護士を立てず、初めて自分でやる裁判にワクワクしているのが正直なところ。初めてのゲームはいつも楽しい。はやく詳しいブログが書ける日を楽しみにしている。

契約するつもりで行った部屋が借りられなかった件 #25

貴重な6月の週末を捧げてでも行こうと思った場所があった。それは7月からの住居だ。2ヶ月前退去通知が徹底している現在の住居に早々に解約届を出したのは5月初旬。いまの部家のことは大好きだったけど、陽当たりの悪さとイーストサイド東京に暮らしてみたくて、拠点を探していたのだ。先週、冷やかしがてら物件を見に行ったら、とても面白い部屋を見つけた。もしも本当にその条件で借りられるのならぜひに、と思ったのだ。さっさと契約して安心してしまいたかった。だから今日、貴重な休日を賭して不動産屋に赴き、最後の内見と思った。だけどトラブルがあった。3箇所ほど謎の水濡れがあったのだ。めんどくさいのがそれがマンションのせいで、水濡れの原因によって修繕義務がどこにあるのか判断する必要があること。つまり、大家・借り主間でなんの取り決めも進められないこと。契約する気満々で、早く転居先を決めてしまいたくて訪れたのに、そうはいかなくなってしまった。原因追及をして修繕しないことには貸してもらえない。 また宙ぶらりんになってしまった気がしてとても、心許ない気持ちになった。結論としては、保健としての部屋も確保してもらって、転居することは不安がなくなったけれど、確約できずに今日は帰ってくることになった。第一希望の部屋と第二希望の部屋は両極端で、それでも、どっちに暮らすことになっても良いと思えるので、いいっちゃいいんだけど、6月最後の週末は徒労に終わったわけであります。チェコ記を進めたくて、気持ちだけめっちゃ焦ってる。時間が惜しい6月最後の週末です。

保護犬をもらい受けたいがために結婚したくなった話を詳しく話させてください(つづく) #21

むかし、友だちが「男は言葉が話せる熊」といっていていた。曰く「言葉が通じるだけマシ」とのことだ。わたしはいい言葉だなーと思って、東京ナイロンガールズの名言を紹介するコーナーに掲載したら「男をバカにするな」と軽く炎上してしまった。いやそうじゃない、お前らこそ女を買いかぶるな、女の期待感は暴力なんだぞ、と思った。「白馬の王子様はいない」ってことは理解できていても、白馬の王子様と同等なことを当たり前に望んでいるっていう自覚はないのだ。どういうことかっていうと、「普通の男」は不機嫌なときには優しく抱きしめて欲しいと思っているし(一度や二度、あるいはずっと突き飛ばして暴言を吐いてもくじけず包み込んでくれると思ってる)、愛があるなら疲れないし、自分の趣味はなげうって尽くしてくれるものだと思っているし、非があれば謝れると思ってる。「少女マンガ温室」育ちの女たちは、AV真に受けてる男たちとなんら変わりがないと思うのだよね。目には目をと思うならそのままで良いんだろうけど、コヤナギは平和主義なのだ。譲れるものならどんどん譲りたい。だけど、心持ちひとつで手放すことは出来なかった。そこで上記の名言だ。動物が好きだ。生き物なら虫からは虫類までなんでも好きだが、哺乳類はやはり格別。人間も好きだけど、全身が毛に包まれているやつは可愛さが別格である。その熊が…男であるならば…ステキじゃない?当たり前が違うこともすんなり受け入れられそうだ。過度な期待感がスッと抜けて、とても楽になった。言葉を喋って主張してくれるなんてステキ!そんな心持ちのおかげか、恋愛ははじめれば長く続く方だ。なかなか始まらないだけで。……今日は書きたかったことまでたどり着かなかったので、続きは明日書こうと思います。サムネイルにした「ボフォート海に面したバーナード・スピットにて撮影された直立するホッキョクグマ」の写真に引っ張られすぎました。

荒ぶるくちびる #20

年の割に肌がキレイだ。たぶんもともと丈夫というのとあるし、若い頃にメイクアップは極力せず、日焼けに気をつけたことが功を奏したと思っている。あといまならもう一つ大きな理由がある。とある出会いだ。5年前、福岡県は上毛町(こうげまち)という場所が移住者促進プログラムとして、初めて「お試し移住者」を募ったときに参加した。当時こういった取り組みは珍しく、おそらく初めてやったところだったんじゃないかと思う。その優秀なプロデューサーが江副さんだった。九州を中心とした地域活性やローカルブランドのシカケを中心に手がけておられた。その繋がりで紹介してもらったのが「FILTOM(フィルトム)」だった。フィルトムはもともと九州大学の中にある医療研究のベンチャーで、いろいろな物質を「濾過する」研究をしていた。その細かさたるや、過熱して死滅させないとなくならない菌さえ取り除いてしまうほど。豚の胎盤を利用した「プラセンタ化粧品」というのがあるけれど、とても上質なコラーゲンではあるものの、豚だけに菌が多く含まれており加熱しない限り除去できなかった。しかし熱を加えてしまうとコラーゲンは変質するし、そもそも組織が大きすぎて肌に付着しても浸透せず「意味がない」のだ。もちろん、髪の毛を食べても髪が生えてこないように、コラーゲンを食べても肌に影響はないらしい。(肌がつやつやになった気分になるのは皮脂らしい…)フィルトムとはフィルム、つまり膜のことだ。あらゆるものを濾過して磨いてしまう研究に成功した。試しに豚の胎盤を濾過してみたところ、熱を加えることなく菌が除去できたそうだ。おまけに細密な膜を通ってきたおかげで、コラーゲンが肌の奥にある肌生産工場まで届くほど細かくなった。これは化粧品にするか、ということで生まれたブランドだそうだ。(ちなみに豚は九州の無農薬牧草を食べて育った食用健康豚のものを譲ってもらっているらしい)しかし最初はうまくいかなかった。色気のない男性研究者が成果と機能性だけで「結果的に出来た化粧品」のブランドは当初無骨なものだったそうだ。質の良さと予算のなさをくみ取った江副プロデューサーが今のフィルトムブランドを再構築した。そのリブランドの一貫として、いろいろな女性たちに製品を提供してフィードバックを受け、製品開発に活かしている。長くなったけど、その「いろいろな女性たち」にわたしも入れてもらって、かれこれ4年はフィルトムを使い続けているおかげで、「年の割には肌がキレイ」なのだ。ほんと、まったくとはいわないけれど、めったに肌トラブルがない。(ニキビとか出来てもすぐ治る)フィルトム開発者で代表の尾池博士曰く「効果があるものを使っているんだからうまくいくのは当たり前。世の中の化粧品会社が何やってるのか逆に分からない」とのこと。さすが理系の口ぶりだ。どんな流れか忘れてしまったけど、いまそんなフィルトムと一緒にリップクリームを作っている。わたしに手放せない化粧品といえば何よりリップクリームで、こちらは肌とは違ってもともとくちびるが荒れやすい。それなのに特に乾燥する寒冷地や、海で濡れては乾くを繰り返し肌にとって過酷な場所にばかり行きたがる。唇が荒れると保湿はもう意味がない。擦り傷に美容液塗ってるようなものだ。多少の保湿は意味あるのだろうけど、傷パワーパッドみたいなの貼って治らないものだろうか。そんなわけでリップを見つけては買いしていたものの、かっさかさでひび割れたところに油でふたするだけのリップクリームに絶望していた。そうじゃない、わたしのくちびるはそれより前のことなんだ。高くても安くても、脂の種類が変わるだけなんですよ、リップクリームって、どうにかならないんですかね。なんて話を尾池博士にしていた。ちょっとした与太話だ。すると意外な返答が返ってきた。「人間の表面はたくさんの生命の共存体なんですよ」えっ……なんの話?曰く、肌が荒れるということは、生き物=微生物のバランスが崩れていて、自然の摂理が上手く廻っていない、ということだそうだ。そして「肌と唇の最適な環境は違うんです」と続けた。微生物のバランスを保つリップクリームってないんですか?「まだないですね」じゃあ作りましょうよ! 微生物育成リップ!めっちゃめちゃ前置きが長くなったけど、そんなふうにして、ただいまリップの開発中。手元に施策品が2つ来て(脂の成分違い)、チェコ旅でつけていた。昼間は化粧していて夜、寝る前に一度つけているだけだった。ヨーロッパは腕から粉が吹くくらい乾燥していて(もちろんボディクリームはたっぷり塗ってるのに!)、その乾燥具合は桁違い。でも、顔だけ…くちびるも元気だった。帰国してから疲れは噴出する。予定を詰め込みすぎていて、落ち着いてチェコのお土産品を開いたのはおとといの話だ。(帰国より一ヶ月後)それでもくちびるは元気だったので、もしかして丈夫になったのでは、と思った。ここ数年のコヤナギは、年を追うごとに健康になっている。もしかして唇もタフになったんじゃない?と思ってリップを使うのをやめてみた。するとものの一週間で皮が剥け始めた。もちろん普通のリップは付けてる。それでも、だ。いやまてよ、疲れで特別肌が弱っているだけかもしれない。微生物育成リップにかえたって、変わらないかもしれない。再度、微生物育成リップを使い始めて一週間。くやしい、なぜかくやしい。くちびるがきれいに治り始めている。まだこの世になかったはずの「微生物」アプローチの化粧品だったが、この夏、クリスチャンディオールから“美肌菌”なる「バイオフローラ」という微生物アプローチのコスメライン「ディオールライフ」が鳴り物入りで始まった。(ライフというブランド名から生き方=微生物育成環境に着目してるのは間違いないと思う)くそう、と下唇を噛みながら尾池博士に報告すると「美肌菌などといっている間は恐るるに足らず、ですよ」とひょうひょうとしていた。“結果が出て当たり前”なリップクリームづくりに関われてありがたい。生プラセンタみたいにリップクリームの常識覆らないかな、と願っている。

コヤナギ的幸福論 #19

先に言い訳しておくと、いまとても酔っていて、少しでも気をゆるめたら朝になっていそうな状態で書き始めているので、いいたいことがちゃんとまとめられるきがしないけど、「一日一投稿」に甘えて書いている、と前置きする。自分の幸せがなにか知っていますか?人の評価軸って想像以上に対外的な影響を受けやすく、本当は性質的に欲しくないものでも、身近にそれを手に入れて満足する人を見ると欲しくなったりすることことがあります。コレが積み重なっていくと、意識せず大勢が欲しがっているものが幸せになるための条件だと勘違いしてしまって、本当は欲しくもないものに労力をはらってしまうことに貴重な時間を費やしてしまいがちです。生まれ、育ち、環境。教育、影響、憧れ。人は様々な影響を受けながら価値観を構築していきます。「正解」なんてこの世になく、「これされやれば人生あがり=幸せ」なんてないと頭で分かっていたのだとしても、それを自分の幸福論に当てはめられないものだと思います。生まれながらにして性質というものはあり、みんなの幸せが自分の幸せでないって、頭では分かっているはずなのに、人生の正解の教典を信じてステレオタイプの幸せを求めがちっていうか、とらわれがちっていうか。逆に聞きたいのだけれど、ステレオタイプな幸せをつかんでいる人に会ったことがあるのですか、と思う。それが自分の両親だというのならば、子どもに見せてこなかった姿を想像したことがありますか、と思う。人生の正解をもっている「大人」なんて例外なくいなくて、意識するべきは「三つ子の魂100までも」だ。自分に当てはめて考えたら分かりやすいと思う。「完全体としての大人」なんてこの世にいないのだ、妖精なのだ、と。であるならば。自分の性質に合った幸せを見つめる必要があると思う。譲れないことはなんなのか。それが見極められれば、それ以外を手放せる。自分ひとりにカスタマイズされた「幸せの条件」を見出しさえすれば、他人の幸せがうらやましいものではなくなり、100%祝福出来る。つかんでこなかった幸せは望んでいなかったのだ。幸せは「それぞ」というもの以外を手放したときに得られるものだと思うのだ。だからどうぞ、常識や周りの目に惑わされずに、自分だけの幸せを見つけてみよう。そして譲れないこと以外はどんどん譲ってしまおう。持たないことで得られることは計り知れないぬらいあるんだ。幼少体験なんて関係ない。いまの自分がどうありたいか。それだけを考えて、わがままに、貪欲に、欲しいものを欲しいと声高らかに宣言しよう。 幸せを得るための条件は「欲しくもないことを欲しがらないことだ。一番大切なこと以外はゆずってしまう。そこに幸せがあると思ってる。